2016年07月31日

Myanmar Beer(ミャンマー)の王冠

Myanmar Beer(Myanmar Brewery Limitted:ミャンマー)の王冠です。同国の王冠としては、現在手元にある唯一のもの。どういうわけか、とあるおでん屋さんの冷蔵庫に置かれていました。メニューにはなく、冷蔵庫(飲食店によくあるタイプ)のガラス越しに見つけ、一緒におでん屋に入った知り合いが注文してくれたものです。
王冠のデザインは、シンプルながらもミャンマーの国旗に使われている赤、緑、黄色、白がしっかりと使われています。

myanmar-beer.jpg
posted by youth-k at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Badoit(フランス)の王冠が変わりました

天然の炭酸水、フランスのBadoit(バドワ)の王冠が新しくなりました。BadoitってDanone(ダノン)が出しているんですね。
王冠は旧タイプのデザインを踏襲していて、深い緑色がきれいです。今回のリニューアルで、採水地であるSaint Galmier村の名が王冠に記されました。
ちなみに、この王冠は通常の王冠よりも一回り大きなサイズです。スカートのひだの数は22本。通常の王冠は21本ですし、一升瓶の王冠(開けると真ん中で折れるタイプです)は24本ですから、そのどちらとも異なる規格になっています。そういった点ではちょっと珍しい王冠だといえるでしょう。

old                               new
badoit.jpg  badoit002.jpg
posted by youth-k at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

オリンピック間近! ブラジルの王冠2種

リオデジャネイロオリンピックも間近となりました。王冠研究所ではブラジルの王冠をご紹介したいと思います。
Germania Brewing Co.のAmazoniaというビール、そして、その名もAmazon Beerの2種類です。
王冠のデザインは、どちらも緑色が使われており、絵柄もアマゾンを想起させる「らしい」ものになっています。

Germania Brewing Co./Amazonia            Amazon Beer
germania-brewing-amazonia.jpg  amazon-beer.jpg
posted by youth-k at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

Huisbrouwerij De Halve Maan(ベルギー)の王冠

Huisbrouwerij De Halve Maan(ベルギー)のビールの王冠です。
文字が書いていないので、身元を捜すのに苦労するタイプですね。
とはいえ、今回はイベントで入手したので、ブルワリーのパンフレットももらってくることができました。
パンフレットはコレクションしているわけではないので、身元を転記したら捨てちゃうんですけどね……
王冠は一度見たら忘れないデザインだといえるでしょう。どちらも「夢に出そう」な絵柄になっています。

Straffe Hendrik Tripel                   Straffe Hendrik Quadrupel
de-halvemaan-straffe-hendrik.jpg  de-halvemaan-straffe-hendrik-quadrupel.jpg

Brugse Zot Blond                      Brugse Zot Dubbel
de-halvemaan-brugse-zot.jpg  de-halvemaan-brugse-zot002.jpg
posted by youth-k at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

キリンビールの王冠2種

キリンビールの王冠2種です。こちらもY.M.様からいただきました。
(ありがとうございました!)

片方は古いもののように見えます。“キリンビール”の文字が右から左へ流れています。
ところが、この王冠は裏がコルクではありません。プラスチックのライナーになっています。
もしかしたら、企画で復刻されたときの王冠なのかもしれません。

もう片方は“頌春”(しょうしゅん)と書かれているので、お正月に販売されたものでしょう。
僕が子供の頃は“迎春”と書かれたお正月バージョンの王冠が毎年出ていました。
瓶の出荷数が減っているのでしょうね。加えてコストダウンもあって、王冠のバラエティは減らされる方向……残念なことです。

kirin-beer000.jpg  kirin-syousyun.jpg
posted by youth-k at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

DHCビールの王冠

株式会社DHCビール様の王冠です。こちらもY.M.さんからいただきました。
(Y.M.さん、ありがとうございます!)

御殿場高原ビールを製造していた米久株式会社が、ビール製造・販売部門を株式会社ディーエイチシーに譲渡して、株式会社DHCビールになったようです。ちなみに、御殿場高原ビール株式会社は存続しており、レストラン事業を営んでいます。

そんなことで、県内では比較的よく見かける王冠だったのですが、お酒が飲めないことが災いして、県外の方からいただくことになってしまいました……とはいえ、コレクションに加わったのは何よりです。
富士山が描かれたデザインは、DHCの文字が少し浮いていると感じます。もうちょっと控えめなフォントサイズならよかったのかもしれません。

dhc.jpg
posted by youth-k at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

コカ・コーラ(山陽コカ・コーラボトリング)の王冠

だいぶ間が開いてしまいましたが、ちゃんと収集は継続しております!

コカ・コーラの王冠です。Y.M.さんという方からいただきました。
(ありがとうございました)
山陽コカ・コーラボトリングのコカ・コーラは初です。
デザインは赤のリボンがロゴに重なったタイプで、他の地域のボトラーにも同じデザインが使われています。

Y.M.さんからは他にも王冠をいただきました。追ってご紹介していきたいと思います。

coca-cola-sanyo.jpg
posted by youth-k at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

Huyghe醸造所(ベルギー)の王冠

ベルギーのHuyghe(ヒューグ)醸造所の王冠3種です。
1つ目は、その王冠の絵の通りの名前がつけられたGuillotine。処刑器具のギロチンに関し、法整備面に
関与したことで知られるジョゼフ・ギヨタン氏が、このビールの醸造にも関与したのだそうです。
(出展:Wikipedia)
次は、ピンクの象が印象的なDelirium Tremens。醸造所のフラッグシップ的な銘柄のようです。
王冠はラベルと同じデザインで、背景の青が象のピンクと相まって印象的なものに仕上がっています。
最後はAverbode。2013〜14年頃に醸造を再開したブランドで、もともとは修道院ビールだったところ、
今回の再開にあたっては設備がなく、Huyghe醸造所に依頼をしたもののようです。王冠のデザインは
アルファベットのAを2つ向かい合わせに並べたもので、シンプルながら不思議に印象に残ります。

brouwerij-huyghe-la-guillotine.jpg  huyghe-delirium-tremens.jpg

huyghe-averbode.jpg
posted by youth-k at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

Lilasons Industries Limited/Indian Bossの王冠

Lilasons Industries Limited(インド)のIndian Bossの王冠です。
インドのビールといえばKingfisherが有名ですが、インドカレー屋などでメニューをチェックすると
いろいろあるものです。実はカレー屋は王冠狙い目で、タイ、スリランカなど、その国のビールがメニューに
載っていることがよくあります。日本のビールだけだとちょっとがっかりです……もちろん日本のビールも
メニューにあっていいのですが、やはりそのお国の飲み物も置いてほしいものですね。

lilasons-industries-limited.jpg
posted by youth-k at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

KUMA様からの頂きもの

omotokikuo002.jpg  omotokikuo001.jpg

pokka-sapporo-food-beverage-oolong-tea-ax.jpg  unknown005.jpg

unknown004-4.jpg  unknown004-5.jpg

unknown003.jpg

KUMAの日記風ボトルキャップ通信ペットボトルキャップコレクションの旅を運営されているKUMA様からの頂きものです。
既に入手できない貴重なものばかりです。KUMA様、いつも本当にありがとうございます。

その中で、みちのくコカ・コーラボトリングの王冠に着目してみました。
みちのくコカ・コーラボトリングの王冠を、僕は3種類持っています。
(いずれもKUMA様からお譲りいただいたものです)
成分表記を見ると、「糖類」で始まるものと「砂糖」で始まるものがあり、「糖類」で始まるものには「果糖ぶどう糖液糖」が含まれていることから、「糖類」で始まる王冠が年代的にはもっとも新しいものであることがわかります(果糖ぶどう糖液糖の製造技術が確立したのは70年代前後のため)。

また、「砂糖」で始まる王冠には、Sマークがあるものとないものがあります。
このマークは「第二種特定製品マーク」と呼ばれ、生命や身体に危害が及ぶことを防止するために第三者機関による適合検査が行われている製品に付けられていたものです。これは、70年代に炭酸飲料が破裂する事故が相次いだため、第一種特定製品に指定されたことに端を発しています(その後、1986年に第二種特定製品に移行し、1996年に指定解除)。この指定は400ml以上の製品が対象だったため、このマークが付いているということは、この王冠は500ml=当時のホームサイズの王冠だったことがわかります。
 
王冠の裏を見てみると、Sマークのない方はキャンペーンの終了が昭和53年9月30日であるのに対し、Sマークがある方はキャンペーンの終了が昭和54年9月30日となっています。このことからも、Sマークのある方が年代的には新しいものであることがわかります。
ちなみに、このキャンペーンにあるキーチェーンつきミニボトル、とても懐かしいです。各国の文字で「コカ・コーラ」と表記されたいくつものバージョンが存在していて、僕は今も1つ持っています。これにもきっと、コレクターさんがいるんでしょうね……

砂糖表記・Sマークなし                   砂糖表記・Sマークあり
coca-cola-michinoku002.jpg  coca-cola-michinoku003.jpg

砂糖表記・Sマークなし(裏)                砂糖表記・Sマークあり(裏)
s53.jpg  s54.jpg

糖類表記
coca-cola-michinoku.jpg
posted by youth-k at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 王冠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする